笑 坐 版 店

えみおわすはんてん
リスパンツ



手紬手織りの藍染め生地のリスパンツ。

​最近、細かいパターンやディテールの服を作るようになりましたが、
​昔から作られてきた伝統服はシンプルでいい!
直線断ちで生地に無駄がなく、足も広げられて快適です。

​先日ニシニシさんでお会いした方もこの形をユニフォームのように
​着てくださっていて、とてもうれしかったです。

​リネンのログウッド染の黒、ラック虫染の赤、ほか手織りの藍染め
などいろいろな布で作っています。


 

| えみおわす | 10:00 | - | - |
手紡ぎ手織りの布

 


タイのプレー県やランパーン県の村で作られた藍染めの布で仕立てた

手縫のパンツ。
 

 

糸車で糸を紡ぎ、木製の織り機でゆっくり織られた布は、夏は涼しく、

冬はあたたかく、気持ち良い肌触りです。

不均一な糸の太さや表情も魅力です。
 


 

 



​今年は東京夏展用にたて糸に藍染めの糸を、よこ糸に生成りの糸を織り
込んだシャンブレーの生地でフィッシャーマンパンツを作りました。

(こちらはちゃんとパターン通り)

サイズはS、M、Lの3サイズ。
​女性から背の高い男性まで。

 

見た目は大きそうでも、巻いて履くとラインがすっきり、紐をきゅっと

締めて履くのも体に気持ちよいです。

 

ほかにもたてよこ共に藍染めの布やヘンプの生成りの生地のパンツも並

びます。

 


 

| えみおわす | 09:33 | - | - |
イージータイパンツ



​夏展では、今年もインドやタイで数メートルだけ手に入れた手織りの
布や木版プリントの布で服や小物を作ります。
​出来上がる数も少ないので、夏展でしか並ばないものも多いです。

​上の写真はタイの村で手縫いしてもらったフィッシャーマンパンツ。
だったのですが。。。。出来上がってみるとわたしたちのパターンと

は違う形になっておりました。
 

タイではひさしぶりの大きなハプニングです。
 

 

 



​オーガニックコットンの藍染めと黒檀染めのリネンコットンのダンガリー。
​どちらもいい生地だし、せっかくの細かい縫い目ももったいない。
​そこで、出来上がった形をなるべく利用して新しいパンツにすることに
​なりました。

​折り返す用のウエスト部分と紐をなくし、ゴムを入れ、
前身ごろにはタックを入れて横幅もすっきり。
​裁断したウエスト部分はハギレ巾着になりました。



出来上がってみると意外にいい形。
履き心地もいいし、8分丈になって涼しい。
夏のパンツにぴったりではないでしょうか。

名前もイージータイパンツに決定。

 

| えみおわす | 20:07 | - | - |
白い布



​先日、ある方から白い生地で長いクルタシャツを作ってほしいというご
連絡をいただきました。

​白い生地のサンプルをお送りするために服や布のストックを見てみると、
​あらためてたくさんの種類の白があることに気が付きました。

​タイプライター、パラシュートクロス、コードレーン、ポプリン、
​高密度リネン、インドのカディ、コットンダブルガーゼ。
​極薄のものから厚みのあるもの、強撚糸でシワが出ているものなど、
​表情もいろいろです。



こちらは、浜松で織ってもらった高密度のリネンの半晒し生地で仕立て
たカシュクールドレス。

​半晒しにすることで素材の色が残り、アンティークのような風合いにな
りました。

白も真っ白からベージュがかった色までさまざま。
夏の季節にもよく合いますね。

 

| えみおわす | 09:49 | - | - |
紅茶づくり

 

お茶摘みの季節がやってきました。

 

毎年のように大工の棟梁から声をかけていただいて、畑のお茶の葉を摘ま

せてもらっています。

今年は運よく蚊もブヨもいない日に当たりました。

夕方の涼しくなった気持ち良い空気の中、2時間ほど夢中になって摘みま

した。

 

持ち帰った葉はザルに広げて陰干し。

手で揉んで、蒸して発酵させて紅茶にしました。

 

 

出来上がった紅茶。

市販のものに比べると香りは少ないのですが、やさしくおいしい味にな

りました。

 

 

こちらは家の山桜の葉で作った紅茶。

紅茶づくりを調べていたら、いろんな人が桜の葉の紅茶を作っているこ

とを知り、作ってみました。

 

乾燥する段階で桜の香りが家中に広がります。

飲んでみると桜餅と紅茶の香りが半々くらいのなんともいえない味です。

 

東京夏展では、この紅茶を淹れてサービスでお出しします。

よかったら一服がてらお試しくださいね。

 

 

| えみおわす | 11:00 | - | - |
野良パンツ(パッチ)



5,6年前からずっと作りたかった野良パンツができました。
​畑仕事や山仕事に使える働く服であり、そのまま街に出ても格好いい
​形を目指しました。

​モチーフになったのは日本の伝統服の股引(パッチ)、昔から畑や山
の仕事着として使われていたパンツ。

股から腰の部分が左右に分かれていて、それをかぶせるようにして紐

で結び、太ももから踵までは肌にそうように細身に作られています。

 

お祭りの時に履いている細いパンツ、と言えば分かる人もいらっしゃ

るかと思います。




 





​細くて窮屈そうに見えますが、股のところが分かれているのでゆったり
​として、屈伸をしても大丈夫。
​膝は裏から当て布をして2重に、踵はカフスのようなパターンにして、
​脱ぎ着しやすいようにスナップボタンを(股にも)つけました。

​写真はSサイズ(モデル身長159cm)、これからM、L、XLまでの
パターンを作ります。
布はインディゴに黒檀をかけたダークネイビーとタイプライターの生成
の2種類を作る予定です。

​東京夏展では少量になってしまいますが、よかったらお試しくださいね。
​タイプライターの布は受注をお受けします。

​わたしも早く自分のサイズが欲しいです。
個人的にすごく楽しみです。



 

| えみおわす | 14:43 | - | - |
木版プリント2



こちらは手紬手織りの布に木版プリントをした布。
ザクロやミロバラン、インド茜などで染めた色鮮やかな布の中に
植物のモチーフが並んでいます。



​ただ見ているだけでうれしくなる布。
さて、これで何を作りましょう。
 

| えみおわす | 14:26 | - | - |
CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE