笑 坐 版 店

えみおわすはんてん
えみおわすの春市 


えみおわすの春市

ハコギャラリーの1階と2階にて春から夏、1年を通して着られる服
を展示します。
オーガニックコットンやヨーロッパリネン、タイ、中国の麻の生地を
つかったシャツ、ワンピース、パンツ、スカート、コート。
白、生成り、藍色と京都で染めてもらったラック虫の赤やログウッド
の紺など新色も並びます。
服作りをはじめてからこの春で10年。
山梨の昌福寺で撮影した写真集も出来上がる予定です。

石田紀佳の春の野原と浜辺プレートをお出しします。
芽吹いたばかりの野草のあえ物や緑汁、桜飯、伊勢のめかぶ丼など、
旬の味をお召し上がりください。
12時ごろから用意いたします。

おこさまボーイズのおかゆぱんや焼き菓子
伊勢、海の子家族のわかめ、ひじき、あおさ
岡山、やさい屋ポッケのきなこなど並びます。

2015年3月19日(木)−24日(火)
11:00−19:00 最終日は18:00まで

hakoギャラリー
東京都渋谷区西原3−1−4
tel.090−1353−1866(期間中のみ)

お問い合わせ、ごはんのご予約は,
emiowasuアットマークemiowasu.comまでお願いいたします。

 
| えみおわす | 13:09 | - | - |
薪割り




山のようにあった檜の木の山も、少しずつ割ってだいぶ小さくなりま
した。

1月はその山から壮汰が転げ落ちて鼻を強打して鼻血がたくさん出ま
した。しばらく試合後のボクサーみたいに青く腫れ上がっていた顔も
今はすっかり治りました。ああ、よかった。

次は最近倒したコナラと松の木の薪割りが控えています。
あたたかくなる前に終わらせることができるでしょうか。
| えみおわす | 21:08 | - | - |
刻みの仕事


昨日は棟梁とお弟子さんが刻みの作業をしている現場を見学させて
いただきました。
普段は棟梁のご自宅の敷地内にある工房で刻むことが多いそうです
が、今回は材が大きいので西大寺の材木屋さんの倉庫で作業をされ
ています。
手前の大きくて長い木は先日見に行った奈良の松の木。
思っていたよりもよく乾いていたようですし、皮を剥いで出てきた
木目もとてもきれいでした。













写真で見ると静かな作業に見えますが、ノミを打つ「カーン、カーン」
という大きな音が倉庫の外まで響いています。
電動のこぎりやルーターなどの機械も頻繁に使い、細かい部分を手のこ
やノミで仕上げていました。

棟梁が大工仕事をはじめた50年前は電動工具と言えばドリルくらい
で、あとはすべて手で行っていたようです。
それでも、こうしてひとつひとつの材に墨付けをして、手や工具で刻
みをする大工さんの仕事を見られるのは貴重のようです。



新しい家は柱や梁、構造材などが複雑に入り組んでいるので、木と木
が組み合わさる仕口の加工もとても細かくなっていました。

墨付けをするとは言え、それをどんどん刻んでいくおふたりの仕事を
見て、ただただ感動してました。

上棟式までひと月、まだまだ刻みの作業がつづきます。
 
| 家づくり | 08:35 | - | - |
赤いカレンシャツ


赤、生成り、藍色のカレンシャツ。
今秋の木曜日から札幌のエフロクブンイチさんにて並びます。
先週送るのを忘れてまして。。。

赤は京都の染め屋さんにラック虫で染めていただいたもの。
昨年のサンプルよりも朱色に近く、わたしたち好みの赤になり
ました。はっとするほど、強くて鮮やかな美しい色です。

今年はこのラック虫でいろんな服を染めてもらいます。
さきほど、お電話したら春市には間に合いそうとのこと。
みなさんに見てもらうのが今から楽しみです。

DMの方も昨日ようやく入稿できました。
来週中には関東の方にお届けしますね。
 
| えみおわす | 13:35 | - | - |
モン族のバティック




昨年手に入れたモン族の麻の布、古い藍染のバティックです。
着古したスカートの糸をほどき、また布の状態に戻されているので、
ところどころ、生地や藍の色が薄くなっていたりしますが、まだま
だ丈夫です。

端が切れたり、穴が空いた部分はJが補修をして、これから東京の
縫い子さんによってラップスカートに仕立てられます。
直線断ちでシンプルな縫製で作られた民族服は、こうして時間が経
っても違う形に再生できるからすごいです。
日本の着物もそうですね。

それにしてもどれもきれいな模様。
細かい柄、大胆な柄、さまざまな絵がひとつの布の上に描かれてい
ます。
 
| えみおわす | 17:36 | - | - |
ワカメ


4日間我が家に滞在して仕事を手伝ってくれたともこさんのおかげで
春の展示会の準備や溜まっていた直しの仕事がすすみました。

旅立つ日は早朝から粉雪が舞う中、藍染めの作業も手伝ってくれまし
た。彼女が岡山に引っ越して来たら、また助っ人に来てくれるようだ。
頼もしい縫い子さんと出会えて、えみおわすの仕事も幅が広がりそう
です。

最後は玉野市に行き、友人家族といっしょにみんなでごはん会。
山にはない新鮮な魚や貝の料理が出てきて、壮汰も喜んで食べてまし
た。
やさい屋ポッケのふたりが海で採ったわかめの美味しかったこと。
久しぶりのコリコリした食感がたまらない。



おみやげにいただいたわかめをさっと湯に通すときれいな緑色に。
昨日のお昼はわかめうどんでした。春の水菜とよく合います。

これから春の食材がどんどん出てきますね。
 
| えみおわす | 06:03 | - | - |
ハギレ
明日くらいから茨城のhibiさんと札幌のエフロクブンノイチさんにて
えみおわすの春服のお取扱いがはじまります。
hibiさんはボトムを中心に、エフロクブンノイチさんはタンクトップ、
シャツ、ボトムなどたくさんのアイテムが並びます。
お近くの方、よかったら足をお運びくださいね。



今日は朝から藍染めの準備をしています。
カシュクール、カレンワンピース、ラグランシャツなどを大きな鍋で
煮出して精練をしました。
天気予報を見ながら、あたたかい日を選んで染めようと思います。



こちらはラップスカートを作る際に出るモン族の麻布のハギレ。
作りはじめて2年もたつとずいぶんたまります。
このハギレたちをつなぎ合わせてクッションカバーを作ろうかと
思っています。

明日は縫い子さんといっしょに布を見ながら打ち合わせをします。
 
| えみおわす | 15:40 | - | - |
CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< March 2015 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE