笑 坐 版 店

えみおわすはんてん
WSの日程の間違いについて
ハコギャラリーで開催します蒸し用布巾のワークショップの日程が
間違っておりました。
12日(金)ではなく、17日(水)です。
本日発送したDMも間違っております。

さっそくお申込みいただいた方、ご検討いただいていた方、たいへ
んたいへん申し訳ございません。

明日は出張のため、お申し込みのお返事は明後日になります。
定員に達しましたら締切りさせていただきますので、どうぞよろし
くお願いいたします。

 
| えみおわす | 21:10 | - | - |
手仕事の服・食べ物・写真展


えみおわすは綿、麻、ウールをつかった定番の服、冬から春に向けて
ウールがはいった生地でコート、パンツ、スカート。
インドの手編みのあたたかいニットシリーズ、ジャケット、チョッキ、
靴下、レッグウォーマー、手袋、帽子、手織りの大判ショールなどを
並べます。
また、2階では写真展を開催いたします。
写真家の枦木功氏が撮影したえみおわすの服を着たひとたちをぜひご
覧ください。

□石田紀佳 冬の道草料理
 菜食を毎日と、天然魚や、茶路面牧場の羊を使った料理を日替わり
 でお出しします。
   暖かな毛で外側から、その肉で内側から、わたしたちを温めてくれ
   てきた羊と人の関係に思いをはせつつ食の旅をしましょう。
  11−16日 12:00〜

□おこさまボーイズ/おかゆぱんと焼き菓子
□海の子かぞく/伊勢志摩のひじき、あおさ
□セトキョウコ/柚子生姜茶
□岡山から、はちみつ、柚子胡椒、豆、柚子味噌などいろいろ。

□お話会 テーマは「食べること」14日 17:00−19:00
 参加費 1,000円 定員20名
*参加者は一品持ち寄りでお願いします。作ったものでも買ったもの
 でもなんでもだいじょうぶです。

□手織り大麻で蒸し用布巾づくり 17日 各6名さま
 11:00−13:00 おこさまボーイズのランチつき 2,000円
 14:00−15:30 おこさまボーイズのおやつつき 1,500円

2014年12月11日(木)−17日(水)
11:00−19:00 最終日は18:00まで
hakoギャラリー 東京都渋谷区西原3−1−4
tel.03−5453−5321

食事、お話会、WSのご予約、お問い合わせはえみおわすまで
emiowasuアットマークemiowasu.com


 
| えみおわす | 16:19 | - | - |
メンテナンス


東京八王子に住んでいた時に近所の友人からいただいた結婚祝いの
足踏みミシン。工業用ミシンでは縫いにくい服を縫うためにようや
く出番がやってきました。

でも、なかなか足を踏みながら針を連動させるのがむずかしく、糸
調子も合わせずらいので、今日は大岡ミシンの大岡さんに見に来て
もらいました。
車で一時間近くかかるのに、電話をしたらすぐにかけつけてくれま
した。質問をしたら、なんでも答えが返ってくる。頼りになる存在
です。



うまく使いこなせるようになったら、来春に向けてサンプル作りをは
じめます。
シャツ、ワンピース、パンツなど新しく作りたいカタチいろいろです。
| えみおわす | 15:22 | - | - |
手作りの下着


先日、ある雑誌からじゅんこの方へ取材の依頼をいただきました。
記事のテーマは「暮らしの中で今最も大切にしているモノ・コト」だ
そうで、彼女が選んだのは手作りの下着と息子の服。

放っておけば服作りよりも下着作りに夢中になってしまうほど、
大事なものづくりのようです。
市販のものは体を締め付けたり、カットソー生地はのびてしまうため、
自分の好きな生地やかたちを模索しながら、いろんな形の下着を作っ
てきました。

上の写真は下着キャミソールと腿引き。これに三角ふんどしやリスパ
ンツ型のショートパンツ、いらなくなったセーターを股引に縫い直し
たもの、ほかにもいろいろあります。

いくつかえみおわすで下着シリーズとして出したいと思っております。
あと、寝間着用に作った服もいつかみなさんに見ていただきたいな。
 
| えみおわす | 15:46 | - | - |
大根




今日は畑の大根をいっぱい収穫。
最近、壮汰もめずらしく畑仕事を手伝ってくれます。助かるう。
うまく土から抜けた時って気持ちいいから、子どもにも楽しい
作業のようです。

先日、植えたたまねぎの苗も元気です。
東京から岡山へ家さがしに来たTさんが手伝ってくれたおかげ。



洗った大根をそのまま干しました。
干して旨みが凝縮された大根は漬物にしても煮物にしてもおしい
です。葉っぱは切った方がいいのかな。
一年経つと忘れます。
 
| えみおわす | 14:43 | - | - |
のびのび農園の豆


先ほど、同じ町内の三納谷(みのうたに)にあるのびのび農園の原田さん
の畑を見学してきました。
我が家から車で山道を走ること5分くらい。どこにいるのか分からないく
らい別世界のような景色。日当たりもよくて長居してしまうくらい気持ち
いい場所でした。

写真は今年の6月に新潟の津南という場所から引っ越してすぐに撒いたと
いう黒豆。乾燥させるためにこのように三角の山にして干すんですって。





足踏みの脱穀機で枝から豆を取り出す作業をする原田さん。
奥さんと3歳の女の子、生まれたばかりの赤ちゃんもいっしょに畑に来て
いました。いただいた雑穀とあずきのパイがとてもおいしかった。

12月11日(木)からはじまるハコギャラリーでの展示会では、
“食べること”をテーマにします。
のりかさんのごはんやおこさまボーイズのおかゆぱん、焼き菓子のほかに
もいろいろな食べ物をご紹介させていただけたらと思っています。
岡山で作られたものもいくつか持っていく予定です。

のびのび農園さんの赤大豆、緑豆、くらかけ大豆、あとは塩豆や黒糖をま
ぶしたおやつ豆(絶品)も並びます。
展示会の詳細はまたこちらで告知していきますね。
DMも来週中には関東のみなさまにお送りします。もうしばらくお待ちく
ださい。
| えみおわす | 14:50 | - | - |
赤色


12月の展示会に向けて準備をしながら、来春の服づくりもはじまって
います。
じゅんこはただ今木版画の製作中なので、新作はできるかどうか微妙で
すが、新しい素材や色に挑戦したいと思っています。

写真は京都の染屋さんから届いたラック虫でシャツやスカートを染めた
赤色。先日の昌福寺での撮影会でも友達に好評でした。
ただ、暗いところでは深みのある赤に見えても、外で太陽の光にさらす
とピンクっぽく見えてしまいます。



場所を変えて撮影してみると、ほら、こんな感じに。

赤と言っても、世の中にはさまざまな種類の赤色があるようです。
昨日は小学校と幼稚園で避難訓練があって、消防団として参加しましたが、
消防車の赤、法被に入った赤いライン、消火器の赤などについ目がいって
しまいます。今は頭の中が赤でいっぱい。

来春までにはわたしたち好みの赤に染めてもらって、展示会に並べられた
らと思っています。

 
| えみおわす | 15:37 | - | - |
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< November 2014 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE