笑 坐 版 店

えみおわすはんてん
hibiさん10周年


​えみおわすの服を常設でお取り扱いいただいている茨木古河市のhibiさん
​が開店10周年を迎えられました。
おめでとうございます!

​えみおわすもかれこれ8年くらいお店に置いていただいているでしょうか。
​毎月、コンスタントに服を注文してくれる数少ないお店です。

​つい先日も、カレンシャツやギャザーシャツ、チベタンスカートなど夏の
服をたくさんお送りしました。
ただいま夏服を見られるのは、hibiさんと札幌のエフロクブンノイチさん
​の2店です。

​写真はhibiさんから届いた10周年記念の日本酒と手ぬぐい。
感謝状も入っておりました。

​えみおわすにとってもhibiさんの存在は大きく、服作りをつづけられる力
をいただいています。

これからもどうぞよろしくお願いします。

 
| えみおわす | 09:00 | - | - |
おすそ分け



​弟ののぶと縫子のともちゃんから夏野菜のおすそ分けをいただきまし
た。

きゅうり、トマト、ナス、ズッキーニ、モロッコいんげん、ししとう
摘みたてが段ボールにたっぷり。
ふたりがいつも分けてくれたり、我が家の畑もちょこちょこ収穫でき
るので、今年の夏はあまり買い物をせずに済んでいます。

この夏、畑づくりに力を入れられてるのも、のぶとともちゃんによい
刺激をもらっているからだと思う。

​この野菜の種が植えどき、あの野菜がよく育っている、なんて話を聞
くと、わたしたちもそわそわして、畑に足が向かうのです。

ありがたやあ。

 

| 暮らし | 14:16 | - | - |
水場とタイル床



​家づくりの時に仮設で作られ、そのまま使っていた外の水場が新しく
なりました。

​えみおわすの仕事場の西側にある水道で、藍染め用の服を精練する際に
​大鍋に水をためたり、外で洗い物をしたり、畑に水を撒くときに使った
り、仮設のわりにはよく使う場所でした。

今月初めから西側の外の砂利をタイル張りの床にしてくれた左官の堀井
さんが見かねて、使いやすく、見た目もきれいに作り変えてくださった
のです。

​バケツやジョウロを置く場所もできました。
​敷地内に転がっている石を集めてこしらえてくれました。



床もきれいになりました(この時はまだ水場はできていません)。
藍染めをする作業場になる予定でしたが、あまりにもきれいな床が出
来上がったので、違う用途に使うことになりそうです。

​これから、棟梁に屋根をかけてもらい、西側の外壁に収納棚も作って
もらいます。

​ずっと放置したままの新しい山羊小屋づくりもそろそろ取り掛からな
いと。
​夏の間に完成させて、気持ちよく秋を迎えたいです。

 

| えみおわす | 13:57 | - | - |
夏の畑

 

12日ぶりの日本は気温がぐっと上がって、タイやインドよりも蒸し暑く

感じました。

日本の夏は格別に暑いですねー。

 

岡山に戻ったら一番に畑へ。

12日の間に野菜たちは想像以上に大きく成長していました。

コンポストから芽が出たかぼちゃは大きな葉を四方八方に広げています。

葉の隙間からは大きくなった実を発見。

色、形もさまざまです。

 

 

 

 

トマト、きゅうり、なす、ピーマンも毎日収穫できるほど実をつけるよう

になりました。

畑の中で食べるトマトは格別。

そうたの日課になっているようです。

 

いんげん、オクラ、モロヘイヤ、大豆、さつまいもも想像以上に大きくな

っています。

 

 

じゃがいもの収穫はじゅんことそうたがしてくれました。

大きな実がなり、収量もたくさん。今年はじゃがいもを買わずに済みそう

です。

 

こんなに畑で夏野菜を収穫できるのは東京のとき以来。

家の目の前に畑を作ったのがやっぱり正解でした。

視界に入ると行かざる終えないですから。

 

今日はこれからあずきの種を植えます。

作れる野菜や穀物をすこしずつ増やしていきたいと思っています。

 

 

 

 

| えみおわす | 14:49 | - | - |
ヤギの毛

タイ、インドの旅も今日でおしまい。

この後、デリーの空港へ向かい、バンコク経由で日本へ帰ります。

 

今年は大きく体調を崩すことなく全日程を終えることができました。

いつも食べ過ぎてしまうところを我慢したおかげでしょうか。

小麦をとる量やお酒も極力控えたのもよかったかもしれません。

 

あいかわらず、デング熱の恐怖にはびくびくしておりますが(2回

目は危険なのです)、今のところ大丈夫そうです。

 

インドの仕事はどうでしょう。

ヒマラヤの村から作り手さんたちにデリーまで来てもらうのは、わ

たしの体調的には楽です。

でもやっぱり現地に足を運んで、彼らの生活や仕事の場所で会うこ

とがよりよい信頼関係も築けますね。

 

昨年、好評だったパシュミナシュールは彼らがネパールで作っても

らったもの。

今年はよりたくさんの方に見てもらいたくて多めに注文したのです

が、一枚も出来上がっておりませんでした。。。

どんなものを作って送ったのかわからなくなったようです。

 

ヒマラヤの村を訪ねたところで、こういう問題はあまり変わらない

気もします。

 

 

こちらはヤギの毛で織られたブランケット。

南インドの村で作られているもの。

 

実際に織っている様子やヤギの群れの写真で見せてもらったのですが、

村の雰囲気も含めてとてもいい場所のようです。

南インドのものづくりもいつか見に行ってみたいです。

 

元気があれば。

 

| インド | 12:24 | - | - |
布巡り

 

インド2日目はまる一日かけて布を見てまわりました。

 

政府運営のカディのお店では手紬ぎ手織りの布を見ます。

80番の糸をつかって織った布は薄すぎずちょうどよい厚み。

来春に向けてまとめて100Mほど購入。

 

そのままオートリキシャーで街中のパーセル屋さんへ行って、

箱詰めしてもらい日本へ発送してもらう手配をしました。

あとは無事日本に届くのを祈るのみ。

 

上の写真は、西インドカッチ地方から来た布。

ろうけつ染めの表情、シンプルな柄がいい。

脚絆や新しく作る予定のトランクス型下着に良さそうです。

 

 

植物で染めた色いろいろ。

木版ブロックプリント、絞り、プレーン染めなど。

 

インドの布は色鮮やかでタイの布とは違った魅力がありますね。

さらっとしていて暑い気候でも心地よく着られるのもいいのです。

 

いくつか選んで日本へ持ち帰ります。

来年の夏には何かの形にして展に並べられるといいな。

 

 

| インド | 21:37 | - | - |
縞々のルームシューズ

 

倉庫についたら、注文したニットの数やクオリティーを確認します。

 

今年の羊の毛の質はすばらしい、とガネーシュさんとギタさんが絶賛

するとおり、ジャケットや靴下のさわり心地、厚み、ふんわりした糸

の表情がとにかくよかったです。

 

靴下には模様を編みこんでもらいました。

素朴で愛らしい柄がよい雰囲気です。

ただ、靴下のサイズを測ってみるとこちらが指定した寸法よりもかな

り大きく出来上がっているではありませんか。

昨年、こんなことにならないように何度も確認し合ったのにー。

 

 

新しい形のルームシューズ。

しっかり目を詰めて編んだ後にフェルト化させています。

形もシンプルになって、これはよいものができた、と思っていたら、

まさかの縞々柄。

 

グレイとホワイトの2色で、と注文したものを交互に編んでいくもの

と勘違いしたようです。

みなさん、どうでしょうこの色?

気に入ってくださる方がいるといいけれど。

 

宿に帰ってからは、来年の注文を打ち合わせしました。

ジャケット、帽子、靴下、そして何度も失敗したチョッキを再チャレ

ンジします。

 

最後に、「来年の分はサイズを測り、色、形を全部確認することにす

るよ」と、ガネーシュさんが自信満々に宣言しました。

 

この言葉を、彼が言い続けて5年は経つでしょうか。。。

 

長いインドの初日がおわりました。

 

 

 

| えみおわす | 13:03 | - | - |
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE