笑 坐 版 店

えみおわすはんてん
<< インドのあたたかいもの | main | おこさまボーイズ >>
食の旅




今年も石田紀佳が七面天女大祭にて昌福膳を出してくださいます。
昨日、試作の写真とメニューの内容が届きました。
どれも本当においしそうですし、うつくしいです。

ご予約は必要ありませんが、コースの方は10食ほどしか用意できま
せんので、あらかじめご了承ください。
軽食もございますので、ぜひゆっくりと秋の味をお楽しみください。


秋の昌福膳

七面天女のお祭りでご飯をお出しするのは三回目となりました。
こんな大役を仰せつかって、とたじろぎますが、ささやかな食文化研究
の一端を昌福寺のお膳に乗せられる機会をいただけて、ありがたいです。
いつもいっしょにごはんをつくってくれる娘たち(今ではお子様ボーイ
ズとして週一ご飯屋さん)と今年も、食の旅のご案内をいたします。

で、いきなりお詫びです。
春に好評だった古代小麦(竹灰汁使用)野らーめんは、原材料の入手が
できなくなったため、とりやめとなりました。(このこともふくめて、
今展期間中や12月のhakoギャラリーで食についてのお話したいです)
少量の古代小麦を別の形で堪能していただき、かわりに「耕さない田ん
ぼのお米」での野良巻き(のり巻きです!)にします。

秋の昌福膳コースは前菜からデザートまで、少し長めの食の旅。揚げお
かゆぱん付き、1700円程度。10食つくります。
こちらは、ほとんど油をつかわない菜食ですので、お腹がもたれること
はありませんが、
日頃から食の細い方には1000円程度の軽食をご用意します。
また、おやつのライスプディングや、糀汁粉も、コビルになりますので、
体や気持ちにあわせて選んでくださいね。

よくあるアレルギー食品(小麦、蕎麦、大豆)を外せる献立にもしてい
ますので、ご心配な方は個別にご相談ください。

無理なくもっていける野草と、縁のある人からやってくる穀物、山梨の
野菜や果物、昌福寺の葉っぱで、古今東西ボーダレスごはんをつくりま
す。

お会いできるのを楽しみに準備しています。


蓮蒸し(耕さない田んぼの米粉入り)(下写真)
煮物碗(いつものこんにゃくを薄切りして牛蒡にくるり)
メントリきんぴら(雌鳥ではありません)(左下)
野良巻き(何がはいっているでしょう?)(左上)

ベイとニッキのブラウンライスプディング(米粉カスタードのせ)(右上)
ナッツボウル(煎りそば粉入り)(右下)
| えみおわす | 06:03 | - | - |
CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE