笑 坐 版 店

えみおわすはんてん
<< 京都染工場より | main | 美濃へ >>
春市


お待たせいたしました。春市のご案内です。
今年恒例となったこの市も7回目となりました。

1回目からずっとごはんを担当してくれている石田紀佳さん。
今年はおこさまボーイズとちーちゃんといっしょに台所を切り
盛りしてくださいます。
先日、出版されたばかりの「魔女入門」も並べさせていただく
ことになりました。
暮しを楽しくしてくれる工夫が詰まった一冊。
春市で作ってくれた料理も紹介されていますよ。

伊勢志摩で海士(あま)をしながら暮らしている玉川家からは
海からの豊かな恵みがたっくさん届く予定です。
てっぺいくん、のぞみちゃんにも一回目から参加してもらって
いますね。

えみおわすの春の服は、家の工事のため、新しいかたちはあま
り作れませんでしたが、定番の服を新たな生地で作ってみたり、
新色で染めてみたりしています。
好きで集めていたタイの古いシルクのサロンや民族の布、生活
道具もいろいろ持っていきます。

おいしくて、賑やか、春の恵みを感じられる6日になればと思
います。
ぜひ遊びにいらしてください。
以下DMより。

えみおわすの春市

タイ、ラオス、インドの手織り布、日本で織られた極細の
コットンやリネンなど、さまざまな布で仕立てた春の服。
藍の青、ラック虫の赤、ログウッドの黒、
新色にクスノハガシワで染めた黄色。
襟シャツ、ノースリーブシャツなど新しいかたちも作りました。
また、1月のタイで仕入れた、カレン族の器やスプーン、
椰子のカゴ、市場で仕入れた古いサロンなども並びます。

2016 年3月17日(木)−22日(火)
11:00–18:00 最終日は17:00まで
hakoギャラリー 東京都渋谷区西原3-1-4
Tel. 03-5453-5321

□「のりかぁさんとおこさまボーイズ&ちぃ」
野原と畑の菜の花プレート、メカブと自家製納豆丼など。
摘みたての野草で春分のからだを開きましょう。
おやつとお茶、スムージーもご用意いたします。
17日(木)−22日(火) 12:00–17:30ごろ
*ご予約はお受けいたしません。
お気軽にお越しください。

□伊勢のひじき、あおさ、わかめ、めかぶ、ふのり
 岡山のおいしいものも並びます。

□「えみおわすのハギレでつくるアームカバー」
 22日 11:30–15:00 定員6 名
 参加費3500円 ランチ付き
*定員となりました。ただいまキャンセル待ち受付中です。

ご予約、お問い合わせはえみおわすまで
emiowasuアットマークemiowasu.com
 
| えみおわす | 07:33 | - | - |
CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE