笑 坐 版 店

えみおわすはんてん
<< カレンの村1 | main | カレンの竹ザル >>
手紬手織りの布

 

今回は、福井県ででえみおわすの服を縫ってくれているあけみさんもチェ

ンマイで合流して一緒に旅をしました。

 

一昨年に縫子のともちゃんが経験したように、カレンの村で織り物を習い

ました。

まずは、経糸を整経するところから、経糸に緯糸を織り込んでいく作業を

手と体を動かしながら学びます。

 

目で見て頭で覚えたあとは、ひたすら織り続けるのですが、体がリズムを

つかむまでは大変そうです。

カレンの子供たちは小さいころに織り始めるので、ほとんどの女性が布を

織ることができるそうです。

 

 

2日目は糸車で木綿のわたから糸を紡ぐことも教えてもらいました。

日本でも経験のあるあけみさんはカレンの糸車にもすぐに慣れ、するする

と糸を紡いでいました。

でも、均一で細い糸を作るのはやっぱりむずかしいようです。

 

じゅんこも久しぶりに挑戦して四苦八苦しておりました。

カレンのおばあちゃんたちが紡ぐ糸のきれいさがよく分かりますね。

 

あけみさんの布は結局織りあがらず(1枚目はほとんどおばちゃんが織っ

てくれたので、2枚目を織ってます)、織り機ごと持ち帰って日本での宿

題となりました。

 

手が覚えているうちにがんばってねー。

 

| タイ、ラオス | 11:10 | - | - |
CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE