笑 坐 版 店

えみおわすはんてん
<< 初夏のNISHI NISHI | main | 夏展 >>
育つ服



​展示会場に立ってうれしいことは、お客さんが着込んだえみおわすの
服を見られること。

​昨日の高松でも秋にご購入いただいたセーターやパンツをその人らし
く着こなしてくださっている姿を見られてうれしかったです。

​たくさん使っていただいている服は、とてもいい風合いの色になって
いて、こんな色になるんだ、作ったわたしたちも感動します。

​高松の初日に来てくれた徳島の「ろうそく夜」のともちゃんのシャツ
とスカートが格好いい!
​藍染めのチベタンスカートは「これ、デニム」と、聞かれるくらいと
てもいい色。
​染め直すこともできるけど、このままがいいですね。



後姿もきれいだなあ。
墨染のポケットシャツを見て、また墨染の服も作りたくなりました。





​同じく徳島から来てくれた直ちゃん(藍染めの師匠)が着ているのは、
昨年の岡山の家展のワークショップで作ったカレンシャツ。
赤のコーディネイトがナイス。

​徳島に戻ってから残りの部分をちくちく縫って仕上げてくれたようです。
メーフォンもこのきれいなステッチを見たら喜ぶだろうなあ。

背中の撚り紐はワークショップの際にメーフォンがお手本で作ったもの。
もったいなくてそのままにしているそう。

こんなふうに、着ていくうちに変化していったり、手縫いの会のあとも

つづけて縫ってもらえた服を見られて、感謝の気持ちでいっぱいです。

と、同時に、今後はより長く着られる服や道具、手を動かす場所を作り

たいなあと思います。

 

 

 

 


 

| えみおわす | 14:16 | - | - |
CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE