笑 坐 版 店

えみおわすはんてん
<< えみおわす 秋展 | main | 星の坊主さまより >>
柿渋を仕込む

 

 

今年は柿の生り年のようで、庭の小さな柿の木に西条柿の実がたわわに

なっています。

 

実が重すぎて木全体が傾いているし、葉っぱの量に対して実が多すぎる

ので(葉24枚せ実1つがちょうどいいらしい)、間引くついでに柿渋の

染料を作ることになりました。

 

わたしたちの仕事を撮影したい、と、埼玉から来てくれたりゅうじくん

にも手伝ってもらいました。

 

 

 

収穫した青柿は100個以上はあったでしょうか。

へたを取って、包丁でざく切り。

最後はミンサーで細かくして、布で濾して汁を取り出します。

 

壺に溜まった液は1リットルくらいでしょうか。

このまま寝かして染料になるのを待ちます。

 

普段は染料屋さんから柿渋の染料を買って使っているので、自分たち

で作れるのはやっぱりうれしいし、わくわくしますね。

 

来春には畑に柿の苗木を植えたいと思ってます。

 

 

 

| えみおわす | 06:11 | - | - |
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE