笑 坐 版 店

えみおわすはんてん
杢グレイのふとまきパンツ





​春夏のふとまきパンツ。
シャトル織機で織られたオーガニックコットン、杢グレーのツイル生地
で仕立てました。

杢の色が上品な気持ち良い素材です。
軽やかで履き心地もいい。

​ちょうど一年前にパターンや縫い方を試行錯誤していたこのパンツもす
っかり定番の服となりました。

​今年は高密度木綿のカーキベージュや綿麻の生成り色など、生地や色の
バリエーションも増える予定です。



 

| えみおわす | 14:39 | - | - |
ザクロ染の服


​今年はザクロで染めたグレイ色を作りました。
​京都の染工場さんには何度も色だしをしていただき、墨色のようなきれ
いな色が出来上がりました。

​カシュクールドレス、丸首シャツ、クルタシャツ、ロングジャケットの
4種類。
​ロングジャケットの生地は細番手のコットンダブルガーゼ。
​柔らかく肌触りが抜群。もう少しあたたかくなった春や秋のはじまりに
もちょうどよい素材です。

下に合わせたのはふとまきパンツ。
​昨年の春夏に好評だったオーガニックコットンツイルの布で仕立てまし
た。



​高密度リネンのカシュクールドレス。
​染めた後は生地の良さがより引き立つよう。

​改めて色の魅力を感じながら、美濃と東京の準備をしております。
 
| えみおわす | 14:20 | - | - |
パームリーディングの会


昨日は、くろさわじゅんこさんをお招きして「パームリーディングの会」
を開きました。

​岡山市や真庭市、同じ町内の友人たちが参加してくれました。
​鑑定後に目がきらきらと輝くひと、涙目の人(感動して)、新たな出発
​を決心した人、自分でも解決しなきゃと思っていたところをずばりと言
​われて、はっとしたひとなどいろいろ。

​ご夫婦や恋人同士、親子で受けられた方も多かったです。
じゅんこさんにあらためて言葉にして伝えてもらうことで、自分のこと
を再確認したり、お互いの関係性がよりよく分かって腑に落ちることが
たくさんあったようです。

みんながこの会を心から楽しんでくれたのが、何よりうれしかったなあ。

わたしたちもまた手相を見てもらいました。
これからのモノづくりのヒントがあって、新たな道を歩き出せそうです
​よ。

​じゅんこさんは岡山の滞在をゆっくり楽しんでくださって、さきほど次
の場所(愛媛)へ旅立っていきました。
全国各地でパームリーディングをされているので、ご興味のある方はい
つかぜひ。









| えみおわす | 12:05 | - | - |
春の色


今年の春の色。

​ラック虫の赤、ザクロのグレイ、ログウッドの黒。
シャツ、ワンピース、パンツ、スカートを染めました。
 
| えみおわす | 08:52 | - | - |
旧正月




​先週の金曜日は旧正月の元旦でしたね。

​この辺りでは旧正月にお餅つきをする家も多く、我が家でも昨年につづき
お餅つきをしました。
玄米と豆餅、2升を7回。たっぷりのお餅ができました。

​お味噌汁にお餅だけでごちそう。
これで春の展示会シーズンを乗り切れられる気がします。



​豆の脱穀も無事終了しました。
​家で食べるには十分の量がとれました。

​今回の豆餅にも畑の黒豆を使うことができました。
​小さなことですが、わたしたちにとってはとても大きな喜びです。

​仕事をがんばりつつ、畑仕事もより楽しんで、少しずつ畑で作れる
​野菜や穀物、果物を増やしたい。

これが今年(毎年)の目標です。
 
| えみおわす | 08:42 | - | - |
新しいかたち


​春の展示会シーズンもすぐそこまでやってきておりますが、仕事場
では新しいかたちの服作りがつづいております。

​上の写真は新作のワンピースのようなロングシャツのような丈の長
い服の試作です。
​上の2点の前にもサンプルを縫ったので、今が3着目。
​少しずつパターンを修正し、その都度サンプルを縫いながら、
しっかりとくるかたちやサイズを探していきます。

​うまくいけば部屋着としても、外着としても使える着心地のいい服
になる、予定です。
 
| えみおわす | 14:22 | - | - |
1、2点もの

 

3月の美濃展では、定番や新作の服のほかに、1月のタイで仕入れた生活

道具や古いデッドストックの布で仕立てた1、2点ものの服やカレン族の

村で作られた大判の布や細かい織りや刺繍の入ったシャツなど、いつもと

は違うものも並べられたらと思っています。

 

上の写真は中国やラオスのモン族の村で手織りで作られたヘンプの布で仕

立てたラップスカート。

今はあまり見かけなくなった細かい手仕事が美しい布です。

 

 

こちらはカレン族の村で作られた布。

手紬、手織りの木綿の布、藍や黒檀の実などで染められています。

 

我が家ではシーツやブランケットとして使っています。

使えば使うほど柔らかく気持ちよくなっていきますよ。

 

| えみおわす | 11:43 | - | - |
CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE