笑 坐 版 店

えみおわすはんてん
坂野友紀のピンブローチ


​ご近所に住み、金工作家として美しい作品を生み出している坂野友紀さん。

​わたしたちが東京の八王子にいた時もすぐ近所に住んでいらして、その時
から坂野さんの作る器やカトラリーが我が家の食卓に欠かせない存在です。

​金属に温かみや表情があると知ったのも彼女の作品に出会ってから。
​美しい形、使い心地の良さ、毎日使いつづけることでさらに味わいと愛着
​が増していく。
​すばらしい道具を生み出す作り手として、とても尊敬しています。

​明後日からはじまる旅のバザールでは、その坂野さんが定番として作って
いるピンブローチを販売させていただけることになりました。
一部は追加で作っていただいて、ついさきほど受け取ってきました。
​ゆきさん、ありがとう。



​真鍮や洋白をたたいてひとつひとつ手作りされています。
丸、楕円、四角、三角、同じ形でもそれぞれ色や表情が少しずつ違ってい
てます。



​ボタンのない羽織コートにぴったり。
​シンプルな服を引き立たせてくれます。
コートだででなく、シャツにつけたり、かばんやストールにつけてもいいア
クセントに。
​一年中活躍してくれますね。

ぜひ、お気に入りを見つけてくださいね。


 
| えみおわす | 09:42 | - | - |
パンツいろいろ



アイロン待ちのパンツ。
​左からふとまきパンツの新色の紺、コットンウールのタックパンツ、
ワークパンツの新色のカーキ。

 

昔から気に入った服を見つけると色違いで揃えたくなるわたし。

えみおわすでもいい布があるとつい色違いで作りたくなってしまいます。

 

同じ型でも生地が変わると見え方がぜんぜん違うのもおもしろいです。

 

 

こちらは尾州織りのウールで仕立てたタックパンツ。

 

しっかり厚みのある布なので、パターンを少し細く変更しても太いラインに

見えます。

前身ごろにはコットンブロードの裏地をつけました。

長く履ける1着です。

 

同じ布でトリップパンツやリスパンツも作りました。

色はチャコールグレイ(写真)と茶の2色。

 

今年の秋冬はパンツのバリエーションが豊富に揃っています。

 

| えみおわす | 06:17 | - | - |
四角バッグ



毎日、更新がつづいて失礼します。
​あともう少し紹介させてくださいね。

こちらは新作の四角バッグ。
右はわたしが10年ほど使い続けているもの。
​タイやインドの旅先や出かける際にカメラ入れとしてじゅんこが作ってくれ
ました。
​ところどころ補修の後が見えますが、いまだにしっかりしています。

左ははじめて商品として作りました。
​肉厚のオックス生地を柿渋で染めて、生地と生地の間にはプラスチックの板
とクッション材を入れ、ちょっとした衝撃にも耐えられるようになっていま
す(わたしのバッグはダンボールが入ってます)。

​こちらも時間がなくひとつしか作れませんでした。
​手縫いで仕上げるので一日1個しか作れません。

旅のバザールでご注文お受けします。
わたしもほしい、という方、お声かけくださいね。


 

| えみおわす | 18:07 | - | - |
ログウッドの黒染め

 

この秋冬シーズンも京都の染工場さんにてえみおわすの服を染めてもらい

ます。

 

春夏につづき、ログウッドの樹皮を使い黒色を作ります。

写真は一昨日届いたラグランスリーブシャツ。

藍や赤色とはまた違って、シックな雰囲気になりました。

 

ほかにも、丸首ワンピースやカシュクールドレス、クルタシャツ、スカー

トが届く予定でしたが、遅れております。

 

ただいま初日の午後に届くようにすすめております。

 

 

| えみおわす | 13:43 | - | - |
値引きバザール



旅のバザールでは、今年も値引きした服や小物を販売いたします。

サンプルやサイズが揃わなくなったもの、作ってみたもののあまり人気が
​なかったもの、なんでこんな風に出来上がったのだろう、というタイから
届いたものなどを並べます。

来年はずっと作りつづけている定番の服も一度見直しをする予定です。
​この機会に在庫を整理できたらと思っています。



今年はすべて5割引きか7割引きにしました。
数に限りがございますので、なくなり次第終了です。

​ハコギャラリー2階の一角にて展示いたします。
みなさまのお越しをお待ちしております。

 

 

 

 

| えみおわす | 13:28 | - | - |
野兎


昨日、隣の田んぼで稲刈りをしていたら2羽の野兎の子が出てきたらしい。

今朝、阿部さんならきっと飼ってくれるかと思って、とおじちゃんが持っ
てきてくれました。

​草が無事食べられるまで我が家で育てて、そのあと山に返す予定。
​写真は兎をだっこするソウタ、ポケットシャツの胸ポケットにはもう1羽
入っています。
なんだか気持ちよさそうにすっぽり収まってます。
 
| 暮らし | 20:00 | - | - |
コンポストから

 

毎年、9月の東京展の前が秋冬野菜の種まきの時期。

近所のあちこちの畑でも地元名産の白菜が植えられ、夏から秋の畑の景色に

変わり始めました、

 

今週末は仕事もそこそこにわたしたちも畑仕事。

まずは生ごみのコンポストから生まれたかぼちゃいろいろ、冬瓜を収穫。

かぼちゃは食べたことのないオレンジ色のものがたくさん。

おみやげに送ったのりかさんが「加賀カボチャ」じゃないかしら、と教えて

くれました。すぐ煮えておいしいらしいです。

 

種まきもできました。

大根、蕪、ホウレンソウ、春菊、水菜、高菜などいろいろ。

白菜の苗も植えました。

 

昨年はどの野菜もうまく育たなかったので、今年は大きくなりますように。

 

 

 

| えみおわす | 19:56 | - | - |
CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE