笑 坐 版 店

えみおわすはんてん
春展おわりました。



春展、6日間が無事おわりました。
​最終日は雪が降るなど寒い春の天気でしたが、それでもたくさんの方に
​足を運んでいただきました。
貴重な時間をつかって、お越しくださったみなさま、どうもありがとう
ございました。

​チュリダーやパーシン、カレン半袖シャツ、ヨークシャツなど、うれし
い感想をいただくことができました。
生活着や仕事着、晴れの服としてお役に立てたらうれしいです。

​手縫いの会では、ご参加いただいたみなさん、布に触れ、手を動かしな
がら、下着を作る時間を楽しんでいらっしゃいました。
ぜひご自宅でもつづけて完成させてくださいね。

写真は昨晩の打ち上げのごはん。
​のりかさんをはじめキッチンチームのみんなが用意してくれた野草のサ
ラダ、トマトの煮込み、めかぶ、ハコの榎本さんの料理もいろいろのっ
た贅沢なプレートでした。
おいしくて、楽しかったー。

​次回、東京へは初夏に戻ってきます。
​昨年好評だったハギレを使った小物や、インドの木版プリントの生地を
つかった服や脚絆、夏の涼しい服を並べます。

岡山からやさい屋ポッケのぴいちゃんがごはんを作りに来てくれる予定
ですよー。

楽しみにしていてくださいね。
 

| えみおわす | 11:40 | - | - |
春展 5日目

 

春展5日目。

今日は朝からしっとり雨模様です。

 

寒さも戻ってきておりますが、リネンコットンのロングコートや藍や

柿渋染めのラップジャケット、ワンピースコートなど、

今の時期に羽織るのにちょうどいい服揃ってますよ。

 

ヤク×オーガニックコットンのセーターも気持ちいいですよ。

 

 

石田紀佳さんのごはん、今日が最後となりました。

わたしも昨日ようやくいただくことができました。

 

春の野原をそばに感じながら、豊かな気持ちになりました。

食べごたえも十分です。

 

おやつやお飲み物もいろいろ。

どうぞあたたまりにいらしてくださいね。

 

 

 

| えみおわす | 11:53 | - | - |
春展後半へ


 


 


 


 



えみおわすの春展、前半がおわり、今日から後半がはじまります。

えみおわすの春の服、おいしいごはんやおやつ、お持ち帰りいただけ
るお米や海藻、お味噌ももまだまだ充実しております。

​残りの3日間もどうぞよろしくお願いします。
 

 

| えみおわす | 10:07 | - | - |
春展はじまります。

 

東京代々木上原ハコギャラリーでの春展、本日よりはじまります。

 

飾りつけも無事終了しました。

1階には白、生成り、藍のトップス、スカートとパンツ、かばん、

海藻や豆、お米などを。

2階は草木や虫で染めた赤、黒、グレイの服、パーシン、子供服

を中心に並べております。

 

1階、2階を行き来しながらゆっくりご覧いただけたらうれしい

です。

 

今日はあいにくの雨模様ですが、よかったら遊びにいらしてくだ

さいね。

 

本日より21日まで、みなさんのお越しをお待ちしております。

| えみおわす | 09:09 | - | - |
21日、手縫の会


​21日の手縫いの会のご案内をするのをすっかり失念しておりました。

当日は石田紀佳さんといっしょに下着のパンツを手縫いで作ります。
以下、のりかさんより。
 

これまで下着パンツ(ショーツ)をサラシでつくってきたのですが、

えみおわすの通称ババシャツの生地でつくってみたら、
とっても「ふつう」のパンツになりました。
(サラシは伸縮性がない
ので通気性抜群のゆったりパンツでしたので)

オーガニックコットン、それもシーアイランドコットン系の肌触りの
いい生地です。

 

小さめをつくってお子さん用にしてもいいですね。

 ゴムはウエストだけで、足のまわりにはいれません。

 

下着も自作する暮らし。

ぜひご一緒しましょう。



​ご興味ございましたらご連絡ください。
emiowasuアットマークemiowasu.comまで。

お待ちしております。


 
| えみおわす | 11:15 | - | - |
桜ノーラ

 

春展のための藍染めの作業も昨日で無事終了。

最後は新作のイカッタシャツドレスを濃紺色に染めました。

 

東京への荷物の発送もおわりました。

明日はハコギャラリーで1日飾りつけ。

1階と2階を使い、できるだけ服や小物が見やすいように展示できればと

思っております。

 

春展も、海藻や豆菓子、お米など、お持ち帰りいただける食べ物も多い

ので、買い物袋や風呂敷などをご持参いただけると助かります。

 

いつも協力ありがとうございます。

今回もどうぞよろしくお願いします。

 

 

最後に、のりかさんから桜ノーラの試作の写真が届きました。

 

古代小麦とオーツ麦、八重桜蜂蜜と塩漬け、米油、クコ、かぼちゃ種

が入っています。

蜂蜜漬けの八重桜はクランベリーみたいだとか。

 

ここ数日でさらにあたたかくなって、より春らしくなってきましたね。

お時間ございましたら、ぜひお出かけください。

 

お待ちしております。

 

 

| えみおわす | 11:04 | - | - |
のびのび農園の豆


​春展ではのりかさんのごはんやおやつ、志摩の海の子かぞくの海藻、
​長野の星の坊主さまのお米など、おいしい食べ物をたくさん用意し
ています。

​岡山県からは同じ町内で農業を営む「のびのび農園」の炒り豆と黒
糖豆が届きます。

​のびのび農園のはらやんが畑で育てた豆を、新潟県で加工し、ふた
​たびご自宅で袋詰めしたおやつ。

​一昨年は猪の被害で豆が収穫できなかったので、2年ぶりに出来上
りました。東京でもいつも大人気。

​炒り豆には塩、黒糖豆も塩と黒糖のみとシンプルな味付けなのに、
とっても美味しいですよ。
​1度食べ出すと止まらないー。



わたしたちが春展を開催する同じ期間、同じ渋谷区にて岡山蒜山で農業
と食堂「くど」を営む「蒜山工藝」のおふたりが出張くどを開催いたし
ます。

​ご近所で蒜山工藝のおふたりが食堂を開いていると思うと、なんだか心
​強くてうれしい。
​わたしも期間中、足を運べたらと思っています。
 

「出張くど」@HAY hutte

2018年3月16日(金)〜18日(日)

場所:HAY hutte shoto

open
12:00~19:00(軽食のL.O.18:00)

東京都渋谷区松濤2-13-1 松濤ハウス202
※ご来店の際は、エントランスのブザーにて#202を押してください。

tel 03-6804-9056

​お時間ございましたらぜひ足をお運びくださいね。
昨年、出来上がったお醤油、お餅やお野菜も驚くほど美味しいですよ。


 

| えみおわす | 13:32 | - | - |
ひじきとふのり



 

海の子かぞくの海藻のうち、あらめ以外は春のこの時期が収穫シーズン。

 

わたしが玉川家に着いた日、てっぺいくんは岩場に生えたふのりを収穫

していました。

真水で洗ったあと、専用のざるに敷き詰めて天日で干して乾燥させます。

ふのりは海藻の中で唯一、乾燥する前に水で洗うんだとか。

 

ふのりをたっぷり入れたお汁のおいしいこと。

12月の冬展でも大人気でしたね。

 

 

 

間もなく解禁日を迎えるひじも立派に育っていました。

 

この日は集落の人がたくさん集まって、干潮の時間になるとみんなが一斉

に海に入ります。

カマで刈っては袋に入れて、満タンになると沖に上げて、また海に戻って

を繰り返す。

今思えば、お祭りのような1日だったなあ。

 

採ったひじきもからからになるまで天日で干します。

曇ったり、雨が降りそうだったら取り込んで、晴れたらまた干して。

肉厚で風味があるあのおいしいひじきはこうして手間をかけて出来上がる

のですね。

 

春展では、干したてのわかめ、めひび、ふのり、ひじき(昨年のもの)、

あとは2年ぶりにあおさも並びます。

 

 

| えみおわす | 11:21 | - | - |
チュリダー

 

えみおわすのチュリダーが出来上がりました。

 

チュリダーとは、インドの伝統服でワンピースや丈の長いクルタシャツ

の下に履く細いパンツ。布帛の生地でできたレギンスのようなものでし

ょしょうか。

 

バイアス使いにして生地が伸びやすいように。

ウエストやおしり周りはタックを入れて動きやすく、足首にかけては限

界まで細くすっきりとした形になっています。

 

本場インドのチュリダーはものすごく丈が長く、くしゅくしゅとさせて

履きますが、えみおわすは丈をちょうどいいサイズに。

その代わり、膝にゆとりがうまれるようにダーツとギャザーで立体的な

パターンにしました。

 

 

 

生地はオーガニックコットンポプリンを使用。

写真のオフ白と生成り色の2色(オフ白は2着のみ)。

サイズはSとMサイズを作りました。

 

ワンピースやチュニックの下に履くとバランスがきれいです。

レギンスを履くには暑い、という夏にはきっと心地いいはず。

 

秋冬は素材を変えて作ってみたいし、えみおわすの定番のパンツに

なればいいなと思っております。

 

 

| えみおわす | 13:50 | - | - |
子供服


東京春展用に子供服もたくさん用意しております。

​写真はラップスカートを子供サイズにして作ったもの。
志摩の海の子かぞくの末っ子こうちゃん(7歳)にプレゼントしたら、
とても気に入ってくれました。
その日からさっそく着てくれました。うれしいなあ(もうサンダル!)。

だいたい6,7歳から12歳くらいまで長い期間履くことができます。



こちらはタイのフィッシャーマンパンツを子供用にゴムを通したもの。
新しくXLを作りました。

​民族服をベースにした子供服の良いところは、長い年数着られること。
​長ズボンは半ズボンとして着られ、ワンピースのようだったカレンシャ
ツは普通のシャツのように着られるようになっていきます。

展示会場ではいつもスペースがなく、今回も隅っこに重ねておりますが、
ぜひ手に取って広げてくださいね。

 
| えみおわす | 07:02 | - | - |
CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE